大切な個人情報を預けるからこそ電報は信頼できる業者に任せる

人形

電報を送る方法

電報の送付は電話またはインターネットから依頼することができます。電話の場合は指定の電話番号に電話し、必要事項とメッセージを伝えます。インターネットの場合は全て入力するだけです。インターネットはいつでも依頼を受け付けてくれるので時間を気にせず申し込めます。

業者が行なっているサービス

電報で一番便利なのは特急便のサービスです。通常半日から一日ほどかかる電報の送付をわずか3時間程度で行ってくれます。他にもプレゼント付きで出せる電報もあります。ただし、結婚内祝いのお返しの定番であるタオルやコーヒーなどを送るのはやめましょう。相手がお返しに困ることになります。

業者を選ぶ時に気をつけるポイント

安くて速いのも大事なポイントですが質に注目することも忘れないようにします。紙やデザインといった電報自体の品質はもちろんですが個人情報がしっかり管理できているかにも着目しましょう。慶弔事の情報は関連ビジネスの人からすればおいしい情報であり、漏洩すると個人でも大きな問題になります。

電報の支払い方法について

電話からの依頼であれば電話代と一緒に払うことができます。携帯電話からの依頼であれば携帯電話料金と一緒に払えます。インターネットの場合はクレジットカードで決済するのが一般的です。

電報を送る時の申し込み手順

情報をそろえる

お届け先の情報や希望日時など送付に必要な情報は先に揃えておいて申し込みを始めましょう。認識違いや入力ミスがあると届かなかくなってしまうので一番気になるところです。

式場に受け取り時間の確認をする

特に午前中の式の場合、前日に式場に受け取ってもらう必要があります。いつ送付すれば受け取ってもらえるかは事前に確認しておきましょう。

デザインと文面を決める

いざ決めようとすると思いのほか時間がかかるものです。慣れない文面に戸惑うこともあるはずです。期限に余裕をもって選び始めると失敗しません。

インターネットか電話で申し込む

申し込みは手順に沿っていけば簡単に完了するよう整えられています。届かないのが一番まずいので住所と日時のミスには改めて気を付けます。

支払い方法を選択する

申し込みの際に手段が選べます。電話代と一緒かクレジットカードが選べるのが普通です。クレジットカードで支払えると手続きもスムーズで便利になります。

広告募集中