相手に合わせることが大切!結婚内祝いの選び方

マナーやルールを守って、相手に喜ばれる結婚内祝いを贈ろう

結婚内祝いとは?

披露宴に招待できなかった方や、披露宴に招待したけれど都合がつかなかった方からも結婚祝いをいただくことは往々にしてあります。お会いできないので感謝の気持ちを示す機会がありません。その機会を設けるためにお返しにお渡しするのが結婚内祝いです。

結婚内祝いの品物選びで注意すべきポイント

縁起の悪いものを避ける

縁を切ることや関係が壊れることを連想する割れ物や切るものは避けます。地域によっては刃物を縁起がいいものとするところもありますが解釈が異なるのでやめておくのが無難です。

数字に気をつける

4や9が嫌われるのは有名ですが結婚のお祝いの時は偶数も避けます。割り切れることが関係の切断を連想させるからです。何かのセットを渡すときなどはうまく考えて調整しましょう。

適切な金額を考える

結婚祝いの金額に対して高すぎるものも安すぎるものも失礼と言われます。何か物でもらった場合は相場を確認して大きく外れないお返しの価格設定をしましょう。

相手に合わせることが大切!結婚内祝いの選び方

男女

結婚内祝いの平均費用と相場

結婚内祝いはもらったお祝いの半額~三割程度で返すのが相場です。ここを目安にして相手との関係性から金額を決めていきます。金額の高すぎるものを返すと相手を恐縮させてしまいますがそれさえなければ後は新郎新婦の思いで構いません。

これが喜ばれる!定番の品物

誰でも使う日用品が喜ばれます。タオルや洗剤の詰め合わせなどはいくらあっても困りはしません。他にも少し値段の張るコーヒーや紅茶も高級感が出て面白いです。他にも現金を渡すのは今でも嫌われますが商品券やギフトカードなら許容されます。

贈り物に最適なおすすめの品物

自分で個別で選び始めるよりは、タオルセット・コーヒーセットなど初めから箱に入ったものの中から選びましょう。価格もお値打ちになるケースが多いです。カタログギフトや商品券にする場合は金額にさえ注意すれば後は特別気兼ねすることはありません。

相手のことを考えて選ぶことが大切!

定番はあくまでも外さない商品であり、相手の好みがわかっていればそれに沿ったものを送るのが一番です。わからない時は相手に自由に選んでもらえる形にするのが結局は迷惑をかけずに済みます。送ることが目的にならず、相手に喜んでもらえることを考えましょう。

広告募集中